天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「いきみ」で血圧急上昇 冬の便秘が心臓のトラブルを招く

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓に病気を抱えていたり、高血圧、高血糖、高コレステロールといった心臓疾患の危険因子を指摘されている人は、冬場の「便秘」に注意してください。

 冬は、たくさん汗をかくわけではないので、水分を摂取する回数が減ってしまいます。さらに、暖房器具を長時間つけっ放しにしていることも多く、空気も乾燥しているので、脱水状態になりやすい季節です。体内の水分が減ると、便通も悪くなってしまいます。

 そんな便秘の状態で、なんとか排便しようとトイレでいきむと、心臓には大きな負担がかかります。軽くいきんだだけで、最大血圧が60~70mmHg以上アップするという報告もあるほどですから、甘く見てはいけません。また、冬は普段過ごしている部屋の室温に比べてトイレの気温が低い場合が多いので、トイレではただでさえ血圧が上昇します。

 さらに、和式でも洋式でもトイレで前かがみにしゃがみ込む姿勢は、心臓が圧迫されるうえに呼吸もしづらくなって、血圧の変化が強く表れます。便秘によってトイレにこもっていきむ行為は、想像以上に心臓にダメージを与えるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。