天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「いきみ」で血圧急上昇 冬の便秘が心臓のトラブルを招く

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 実際、日本でも米国でも、「便秘の人は、そうでない人に比べて心血管疾患を発症するリスクが高い」という報告があります。便秘といきみが、心筋梗塞などの命に関わるような心臓疾患につながりかねないのです。

 心臓にトラブルがあって、普段から薬を服用している患者さんは、さらに注意が必要です。心臓の治療に使われる薬には、副作用として便秘を起こすものが多いからです。

 慢性心不全の治療などで使われる利尿剤は、体内の水分を尿として強制的に排泄させます。すると、減少した水分を補うために大腸からの水分吸収が促進され、大腸内の水分が減って便が硬くなり、便秘を引き起こします。心臓の負担を軽減させるために水分摂取制限が行われる場合も多いので、さらに便秘になりやすい状態になってしまいます。

 代表的な降圧剤のカルシウム拮抗剤は、平滑筋を弛緩させる作用があります。平滑筋は腸管にも存在しているので、排泄のための腸の蠕動運動に不調を来し、便秘を起こす副作用があるのです。

2 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。