愉快な“病人”たち

胃がん経験した横島亘さん 「患者は黙ってちゃいけない」

横島亘さん(C)日刊ゲンダイ
俳優58歳<胃がん>

 2011年の4月、胃がんの初期と告知されて、腹腔鏡手術で胃の3分の2を切除する手術を受けました。医師からは「1週間でゴルフもできますよ」なんて言われて、「なんだ、そんなもんか」と気楽に考えていたんですが、その2カ月後には脾動脈瘤破裂となり、2週間で終わるはずが、なんだかんだで3カ月間かかりました。

 前触れは、手術を受ける2年前の逆流性食道炎でした。胃の調子が悪くて胃カメラ検査をしたら、食道炎だけではなく「ピロリ菌がいるのでそっちも退治しましょう」と言われました。でも、その日もらって帰った薬(胃酸を少なくする)がとてもよく効いたので、ピロリ菌の除菌を無視して勝手に病院に行くのをやめてしまったんです。

 それ以来、お酒を飲んで胃が痛むと市販の胃薬を飲んでごまかし続けました。でも、2年後には「ガスター10」を1週間飲み続けても痛みが取れなくなったため、再び病院に行ったら、いきなり「初期の深いがんです」と告げられたんです。

1 / 5 ページ