大都市圏なんでも健康ランキング

診療所数(関西圏) 生活保護受給者が多い西成区は6位

尼崎市の非公認ゆるキャラ「ちっちゃいおっさん」(C)日刊ゲンダイ

 関西圏(大阪府・京都府・兵庫県)は、人口に対する医師数が全国平均よりも多い地域。そのため診療所数も充実しています。人口5万人未満の市町村を除いた域内134市区のうち、半数の66自治体で、人口当たりの診療所数が全国平均(1万人当たり8.0施設)以上になっています。ベスト10とワースト10を別表にまとめました。

 最大は大阪市中央区の40.6。中央区の昼間の人口は、住民の約6倍に膨れ上がります。その需要を当てにして、多くの診療所が開業しているのです。大阪市からは、ほかにも北区や天王寺区など4区がベスト10入りしています。

 西成区は表に入っていませんが、大阪市28区中、6位(12.1)に食い込んでいます。西成区の昼間の人口は夜間の約2倍になりますから、診療所が多いのはうなずけます。しかし生活保護受給者が多いことも、要因のひとつかもしれません。生活保護を受けている人は、医療費が全額、自治体(大阪市)の負担になります。実は近年、医療費の自己負担分を払えない人が増えており、医療機関にとって頭の痛い問題になっています。しかし、生活保護受給者は診察代を取りはぐれる心配がないので、その点で“安心できる患者”なのです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。