天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

高血圧の放置が悪循環を招く 「腎臓と心臓」の密接な関係

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓疾患は60歳を越えてから増え始め、80~89歳で最も多くなります。高齢になるにつれ、心臓にトラブルが発生しやすくなるということです。高齢になると、心臓以外にも病気を抱えているケースがグッと増えます。そのため、高齢化が進んでいる近年は、心臓手術を受ける患者さんは、他の病気を合併している状態が当たり前になってきています。当然、治療するに当たっては、心臓だけが悪い患者さんよりも注意しなければなりません。

 がんや糖尿病など合併している病気はさまざまですが、中でも外科医が手術をする際、最も気にかけるのが「腎臓」です。最近は「心腎連関」という言葉が注目されています。心臓疾患と腎臓疾患はお互い、密接に関係していることがわかってきているのです。

 日本では、高血圧が心臓疾患をはじめ、さまざまな病気のベースになっているケースが非常に多く見られます。血圧というのは、高い状態が長ければ長いほど動脈硬化が進み、血管も傷みます。そして、血管が傷めば重要な臓器がダメージを受けることになります。そして、高血圧は特に腎臓に対して大きなダメージを与えるのです。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。