大都市圏なんでも健康ランキング

三重県は充実 愛知県の診療所数は2市を除き全国平均以下

伊勢神宮(C)日刊ゲンダイ

 名古屋市以外では、尾張旭市(8.3)と津島市(8.0)が全国平均並みである以外は、すべて全国平均を下回っています。ワースト10のうち9自治体が愛知県。とりわけトヨタ自動車のお膝元である豊田市が、ワースト2位に甘んじているのは少々驚きです。とはいえトヨタは、地域最大規模のトヨタ記念病院を市内に持っています。また、昼間の人口が夜間人口と比べてやや減ります。そのため診療所不足は少しだけ緩和されているかもしれません。

 岐阜県は、岐阜市が全国平均より高いものの、他の自治体は平均並み、ないしは平均以下に甘んじています。そんな中、飛騨市が10.1という高い数字を示しています。ただ、飛騨市は人口が2万5000人の小さな自治体であるため、今回のランキングからは省きました。

 三重県は東海3県の中では、最も診療所に恵まれています。県庁所在地の津市は9.8で、まずまずの充実度です。それより南部の伊勢志摩エリアは、より充実しています。しかし、名古屋に近い北勢エリアの桑名・四日市・鈴鹿などは全国平均並み。内陸のいなべ市はワースト8位にとどまっています。

2 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。