愉快な“病人”たち

あの“天才子役”間下このみさん 妊娠中相次いだ難病を語る

写真家でタレントの間下このみさん(C)日刊ゲンダイ

「抗リン脂質抗体症候群」という病気はあまり知られていません。10年前、私が診断された時は、今よりもっと知られていない新たな難病で、症例が少なく、治療法や薬が確立していない状況でした。

 この病気を一言でいえば、自己抗体によって血液が固まりやすく血栓ができやすくなる免疫疾患の一種です。心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなったり、妊婦の場合、赤ちゃんとつながっている血管が詰まったりすると、死産になる可能性もあるんです。

 自分がこの病気だと知ったのは2度目の妊娠の時でした。娘を無事に出産できたのは本当に奇跡だなと思っています。実は初めての子供は死産でした。妊娠6カ月ごろのことです。それでもその子をお腹から出すためには、出産と同じ経緯をたどらなくちゃいけないんです。血液検査で血小板が少ないと指摘された私は、大学病院での出産となりました。起こらない陣痛を薬で起こし、決して泣くことのない赤ちゃんを産むのはつらかったし、悲しかったです……。

1 / 5 ページ

関連記事