大都市圏なんでも健康ランキング

大阪市はなぜ自殺者が多いのか?

西成区役所(C)日刊ゲンダイ

 関西圏(大阪府・京都府・兵庫県)は、自殺リスクが比較的低い地域です。京都府の標準化死亡比は89.8。京都府民が自殺するリスクが、全国平均の89.8%であるということです。兵庫県は97.9、大阪府は100.2で、全国平均並みです。

 ところが大阪市に限って、116.0という悪い数字になっています。〈表〉は圏内の人口5万人以上の自治体について、標準化死亡比のベスト10、ワースト10をまとめたものです。表から明らかなように、ワースト10の大半は大阪市で占められています。ワースト1位は西成区。自殺リスクは全国平均の2倍以上に達しています。首都圏では横浜市中区や東京都台東区といった、いわゆるドヤ街を抱えている自治体の数字が、突出して悪くなっています。関西でも同様に、あいりん地区を抱える西成区が突出しているのです。

 しかし大阪市は、他の多くの区でも標準化死亡率が100を超えているのが大きな特徴です。全24区中、100未満はわずか8区に過ぎません。福島区は、大阪市から唯一、ベスト10入りしています。また鶴見区と、東・西淀川区が80台になっています。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。