専門家に聞く 末期前立腺がん新治療「ゾーフィゴ」の威力

JCHO東京新宿メディカルセンターの黒崎弘正氏(C)日刊ゲンダイ

「がんは骨転移したら鎮痛治療以外ない」――。あなたはそう思い込んでいないだろうか? しかし、こと前立腺がんについてはその考えを改めた方がいいかもしれない。ホルモン療法が効かない、骨転移の前立腺がんに対する新たな放射線治療薬「ゾーフィゴ」が昨年、認可されたからだ。従来の薬と違い、骨転移の激烈な痛みを抑えるだけでなく延命効果もあるといわれている。実際はどうか? 昨年8月から「ゾーフィゴ治療」をスタートさせたJCHO東京新宿メディカルセンター(東京・飯田橋)放射線治療科の黒崎弘正部長に聞いた。

「年末までにホルモン療法が効かない、骨転移のある前立腺がん患者さん14人に投与しました。その多くが痛みを軽減させたばかりか、うち2人の患者さんはPSA値(前立腺がんの腫瘍マーカー)が正常値である4ng/ml以下にまで低下しました。驚くべき成果です」

 前立腺がんは尿道を包む前立腺ががん化する病気で、進行すると骨に転移することが多い。

1 / 3 ページ

関連記事