クスリと正しく付き合う

飲む量が同じでも出ていく量が変わるケースも

 薬を適正に使用するうえで、「適正量」を守るのも大事なことです。少なすぎると効きませんし、多すぎれば副作用のリスクが高くなります。

 薬の添付文書に記載してある用法・用量を守って飲んでいても、過量になることがあるので注意してください。体に取り入れる量(飲む量)が同じでも、出ていく量(排泄量)が少なくなってしまうと、体の中に入っている薬の量が過剰になってしまう場合があります。また、薬の飲み合わせによって効果が強く出てしまうケースもそれに該当します。

 薬が体外へ排泄される機構は主に2種類あります。①「腎臓で代謝されて尿として排出される」パターンと、②「肝臓で代謝されて糞便中に排出される」パターンです。

 どちらで代謝されるかは薬ごとに変わってきます。つまり、腎臓もしくは肝臓のいずれかの機能が低下してきたら、体内に残る薬の量が過剰になり、副作用が出やすくなる可能性が高くなるということです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。