大都市圏なんでも健康ランキング

首都圏の精神系医師 最少エリアは埼玉県南部・南西部

(C)日刊ゲンダイ

 精神系(精神科・心療内科)の医師数は、全国で約1万6000人。人口1万人当たり1.27人という割合です。首都圏は東京都(1.65人、全国11位)を除き、精神系医師が少ない地域です。神奈川県が31位(1.12人)、千葉県が42位(0.97人)、埼玉県が46位(0.83人)となっています。もちろんエリアによって大きなバラつきがあります。ただし市区町村で見てしまうと、大きな精神科病院がある自治体などが突出してしまいます。そこで今回は「2次医療圏」で見ていくことにします。

 2次医療圏とは医療行政上の地域割りのことです。厚労省では、各都道府県をおおよそ5~10の2次医療圏に分け、それぞれの医療圏で住民の医療ニーズをまかなえるように、病院や医師数を整備しようとしています。ですから精神系の医師数も、建前上は大きな格差がないはずです。

 そこで、2次医療圏ごとの人口1万人当たりの精神系医師数を計算すると、〈表〉のようになりました。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。