天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

冬場の便秘に悩む高血圧の人は花粉症になりにくい可能性

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 この実体験をベースに考えてみると、「高血圧で冬場に便秘になりやすい人は、花粉症の症状が表れにくい、もしくは軽症で済む」といえるかもしれません。血圧が高くなる状況というのは、アドレナリン=カテコラミンの分泌が多くなってその作用が強まっています。そうなると、前述のように便秘が激しくなるのです。そのため、脱水状態になりやすい冬場に便秘が助長される高血圧の人は、アドレナリンの血中濃度が高く、花粉症が抑えられる可能性があるといえます。

 逆に血圧がしっかりコントロールされていて、便通がきちんとある人は、ひょっとしたら花粉症の症状が出やすいと考えられます。

 他にも、「お風呂に入りながらよく通る声で歌を歌う人は、もしかしたら花粉症が表れにくい、または風呂場では花粉症が治まってしまうタイプ」かもしれません。声がよく通るということは、気道がしっかり拡張しているということです。カテコラミンはβ受容体に作用し、β受容体は気道や血管に分布しています。つまり、風呂場でよく通る声で歌う人はカテコラミンの作用が強くなり、花粉症が抑えられる可能性があるといえるのです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。