Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【大島康徳さんのケース】大腸がんステージ4でも18%の“勝ち組”に入る条件

「今後の人生を前向きに生きる為に病気を公表することも決意しました」

 ブログでそう語り、大腸がんのステージ4であることを公表したのは、野球解説者の大島康徳さん(66)。読者なら、中日や日本ハムで活躍した姿を覚えている方も少なくないでしょう。

■食欲旺盛ですき焼きも

 ブログによると、昨年10月下旬に大腸がんを手術で切除。肝臓への転移もあり、現在は入院で3回目の抗がん剤治療を受けているそうです。容体は安定しているのか、食欲旺盛な日常がつづられ、ロールケーキを頬張り、家族ですき焼きを囲んだ様子も書かれています。

 治療は、点滴の抗がん剤を終え、現在は飲み薬を6錠。その粒が大きくて飲みにくいことをタレントの口癖にたとえて、「喉が赤ちゃんなんですかね」と笑いを誘う余裕も見せています。

 恐らく服用しているのはカペシタビンで、がん細胞の増殖を抑えて腫瘍を小さくしたり、術後の再発を予防したりする目的で使用。大腸がんのほか、乳がんや胃がんにも使われる薬です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。