天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

花粉症で呼吸しづらくなると心臓の負担が増大する

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 今年も花粉が舞い始める季節が到来しました。前回に引き続き、花粉症のお話をしましょう。

 花粉症は心臓にも悪影響を与えます。ただ、花粉症を起こす要因であるアレルギー反応が、心臓に対して“悪さ”をするわけではありません。花粉症によって引き起こされるさまざまな症状が、心臓に影響するのです。

 花粉症は、アレルギー反応によって副交感神経が異常亢進し、目、鼻、喉の粘膜から涙、鼻汁、痰などが異常に分泌されます。こうした症状によって呼吸がしづらくなると、心臓への負担が増大します。

 人間は、鼻や口から空気を吸うことで肺の中の血液に酸素を取り入れ、動脈を通って全身に酸素を運びます。体内で酸素が使用されると、今度は血液中に二酸化炭素がたまります。その血液は静脈を通って心臓に戻り、さらに肺に流されます。そして、肺で二酸化炭素と酸素を交換し、再び動脈を通って全身に酸素を供給しているのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。