天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

花粉症で呼吸しづらくなると心臓の負担が増大する

順天堂大学の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 海外の研究では、「花粉症シーズンは心臓疾患の発作を起こすリスクが上昇する」という報告があります。花粉が飛散するシーズンは心臓発作による緊急処置の件数が平均5%上昇し、中でも花粉飛散レベルがピークに達する5月は16%、6月は10%増加していました。詳細な要因などについてはさらなる調査がまたれますが、花粉症が心臓疾患に悪影響を及ぼしている可能性があるといえるでしょう。

 しっかりと花粉対策して、ツラい季節を乗り切りましょう。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。