Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【渡瀬恒彦さんのケース】難治性胆のうがんでも“ぴんぴんコロリ”

胆のうがんで闘病中の渡瀬恒彦さん(C)日刊ゲンダイ

「体調は、よくはないですよ。現状維持な感じ」

 胆のうがんで闘病中の俳優渡瀬恒彦さん(72)が、がんについて語ったことが報じられました。昨年5月の週刊誌報道などによると、2015年秋の検査でがんが発覚。その後は、放射線と抗がん剤の治療を受け、同年12月に現場復帰しています。今も通院中で、小康状態のようです。

「食欲は減りますね。一生懸命食べますけど」という話の割には、口調からは不安は感じられなかったといいます。献身的な妻の支えや、大好きな現場で仕事ができる喜びが励ましになっているのでしょう。

 胆のうは、肝臓で作られた胆汁を貯蔵する臓器で、食事後に収縮して胆汁をしぼり出し、消化を助ける働きがあります。そこにがんができても、初期は自覚症状に乏しく、早期で発見されるのはほかの症状で受けた腹部超音波やCTなどの検査でたまたま見つかるケースが一般的です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。