健康ポイント どっちが勝ち?

ココア vs ロイヤルミルクティー

ココア(C)日刊ゲンダイ

  疲れていると、甘いものが欲しくなります。喫茶店やコーヒーショップでいつもはコーヒーを頼むのに、温かくて甘いドリンクに手が伸びてしまった時、濃厚なココアとミルクたっぷりのロイヤルミルクティーでは、どちらがよいでしょうか。

 ココアの原料であるカカオは、ポリフェノールが豊富。テオブロミンと呼ばれる成分にはリラックス効果が期待でき、脳を活性化して集中力や記憶力を高める働きがあります。だからこそ、仕事中の休憩にぴったり……のような気がしますが、ココアを頼むと、脂質たっぷりのホイップクリームが追加されているお店がほとんどなのです。

 また、ココアといってもチョコレートシロップを温めたものや、砂糖が入ったココアパウダーにホットミルクを合わせるお店も多く、知らず知らずのうちに糖分やカロリーを過剰に取ってしまいがちです。

 それに比べ、ロイヤルミルクティーは煮出した紅茶にホットミルクを合わせていることが多いので、自分で砂糖を入れなければ安心です。

1 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。