クスリと正しく付き合う

意外と知らない塗り薬の適量は「FTU」で分かる

やさしく塗る(C)日刊ゲンダイ

 薬には消費期限があるため、もったいないからといって残った薬、特に開封済みの薬をとっておくのは危ない――。前回、お話ししたテーマを続けます。中でも、ため込みやすい薬のひとつが塗り薬でしょう。患者さんからは、「汚れない(汚染されない)から問題ない」「1回に塗る量が分からないから余ってしまう」といった理由をよく聞きます。

 しかし、薬自体を素手で触れば汚れますし、“軟膏ツボ”に入っている薬であればなおさらです。対策としては、薬をすくい取る際は素手ではなく、綿棒などを使用すれば汚染は少なくなります。1回に塗る量に関しては、薬局では「1日何回塗ってください」といった説明はされても、1回にどれくらい塗るかについては「適量」と言われることが多いのではないでしょうか。

 実は塗り薬の適量は、「FTU(フィンガー・チップ・ユニット)」という単位で決められています。大人の人さし指の一番先から第一関節までの上にのる量(チューブから絞り出した量)のことで、約0.5グラムに相当します。ローション剤であれば、「1FTU」=「1円玉大」となります。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。