ニューヨークからお届けします

トランプ政権の影響? 米国人に北欧発「フーガ―」大流行

ワインを飲みながら“まったり”/(C)AP

「HYGGE」と書いてフーガー。デンマークの伝統である「癒やし」が北欧から静かに浸透し、疲れ切った米国人に支持されています。

 幸福度世界1位の国であるデンマークの国民にとって、「フーガー」は国民的な価値観、幸せの秘密のひとつともいわれています。これが米国でも注目され、昨年から「THE LITTLE BOOK OF HYGGE」をはじめとした関連本がベストセラーになり、オックスフォード国語辞典の「今年の言葉」の候補に挙がったほどです。

 フーガーは、「健康で安心」「居心地良さ」「癒やし」といった意味で、行為やモノを形容するのにも使います。特にこうしなければならないというルールはありません。

 北欧の暗くて寒い冬の間、家族や親しい友人が家に集まり、暖炉の前で温かいワインなどを飲みながら“まったり”する。ざっくり編まれた手編みのセーターやカシミヤのソックス、食べ物はミューズリやデニッシュ、フォームミルクでハートマークが書かれたラテ。キャンドルやシープスキンの敷物……。

1 / 2 ページ

関連記事