クスリと正しく付き合う

湿布薬の貼りすぎにご用心 副作用で枚数制限がある場合も

湿布薬は冷感と温感の2種類(C)日刊ゲンダイ

 薬は「適正な量」を使うことで治療効果が上がり、医療費の節約にもなるという話を続けましょう。今回はついつい使い過ぎてしまうことが多い「湿布薬」についてお話しします。

 湿布薬は局所的な消炎鎮痛効果のある貼り薬(外用貼付薬)で、冷感(冷湿布)と温感(温湿布)の2種類があります。

 先日、左半身に冷湿布、右半身に温湿布を貼っている笑い話のようなおかしな使い方をしている患者さんがいらっしゃいました。

 その患者さんは全身に左右別々の湿布を貼っていますので、用法だけでなく用量も適切とはいえません。

 といっても、用量に関しては「1日1回」とか「1日2回」といったように回数の上限は決まっているものの、「1回何枚まで」と指導されることは少ないと思います。正確には、1回に何枚までという決まりはないのですが、何枚も貼らなければならないくらい痛みの範囲が広い場合は、飲み薬の方が適しているといえます。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。