がんと向き合い生きていく

科学的に「がんにならない方法」は本当にあるのか?

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 同級生の息子さんが胃がんで亡くなりました。通夜の帰り道、酔った同級のA君がこう言い出しました。

「おまえ、がんが専門だよな。がんにならない方法を教えてよ。酒はどれだけ飲んだらがんになるんだ? たばこは何本吸ったらいけないんだよ!」

 がんにならない方法、そんなうまい話は本当にあるのか? それが分かっていたら、こんなにがんで亡くなる人はいないはずではないか。

 世間には「がん予防法」があふれていますが、信頼の置けないものも少なくありません。科学的根拠がはっきりしたがんになるリスクを減らす、がんを遠ざけるその方法を挙げてみます。

 まず、たばこをやめることです。「喫煙」は明らかにがんのリスクを高めることが科学的に立証されています。私がこれまで治療の相談を受けた舌がん、咽頭がん、食道がんの患者さんのほとんどは喫煙者でした。また、肺がん、食道がん、口腔がん、大腸がん、乳がんその他、多くのがんとの関連も指摘されています。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。