愉快な“病人”たち

美容ジャーナリスト山崎多賀子さん 乳がん闘病記が自分の心のリハビリに

山崎多賀子さん(C)日刊ゲンダイ

 44歳の時、婦人科の女性検診で乳がんが見つかりました。胸にしこりもなく、体調が悪かったわけでもなく、まだ40代の自分が乳がんになるとは思ってもいなかった中での告知……。まさに青天の霹靂でしたが、主治医から「範囲は広いけど超早期です。手術をすれば治ります」と言われ、ショックが少し和らいだことを覚えています。

 夫に報告したら、「超早期だったのなら、あなたがこの病気で死なずにすんでよかったじゃない。どのみち人間の致死率は100%」と言ってくれ、本当にそうだと素直に思えました。

 手術で右乳房を全摘出しましたが、リンパと乳首を温存でき、乳房再建も成功。術後の痛みは強かったものの、無事に退院した時は感無量でした。ところが、術後の病理結果を聞きに行くと主治医から「浸潤(がん細胞が器官からしみ出している状態)箇所が複数あり、再発する可能性がある」と言われたんです。手術すれば治療は終わりと考えていたのでショックでした。ゴールだと思っていたものがスタートだったなんて……。

1 / 5 ページ