天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

しっかりした眠りが心臓を守る 不足すると発症リスク上昇

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

「春眠暁を覚えず」という言葉もあるように、春は眠りの季節でもあります。3月18日は「春の睡眠の日」だそうです。睡眠は心臓とも大きく関わっているので、しっかり覚えておきましょう。

 厚生労働白書によると、一日の睡眠時間が6時間未満の場合、狭心症や心筋梗塞の有病率がアップするといいます。また、5時間以下では心臓疾患の発症率が上昇し、4時間以下になると冠動脈性心疾患による死亡率が上がることもわかっています。7~8時間未満の人と比べると、2.08倍に当たる数字です。

 また、米ハーバード大の研究では、5時間以下の人は、8時間以上の人よりも心臓病リスクが1・45倍。米国で行われた他の研究でも、6時間未満のグループは心臓発作の発症リスクが2倍、うっ血性心不全の発症リスクが1.6倍に上昇することがわかりました。

 睡眠不足が心臓にダメージを与える理由はいくつも考えられます。中でも大きな要因となるのは、自律神経のバランスが崩れてしまうことです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。