天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

しっかりした眠りが心臓を守る 不足すると発症リスク上昇

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 私の経験でも、心臓の手術を受けるような患者さんは、夜型の生活をしている人が多い印象を受けます。若い世代だけでなく、高齢者でも同様なので、やはり、そうした“交感神経型”の人が心臓のトラブルを招きやすいといえるかもしれません。

■眠れないなら“きっかけ”を探す

 また、睡眠不足は食欲を増進させます。睡眠時間が足りないと体はストレスを感じ、食欲を抑制するホルモン「レプチン」が減少します。さらに、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンが分泌されるため、過食につながってしまうのです。

 過食が続けば、肥満を招いたり、糖尿病や高脂血症にもつながります。肥満、高血糖、高コレステロールは、いずれも代表的な心臓病の危険因子です。ひとつが誘因になっていくつも積み重なると、さらに心臓病の発症リスクがアップします。そうした側面からも、睡眠不足は心臓にとって大敵なのです。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。