クスリと正しく付き合う

塗り薬を節約するために皮膚を健康に保つ

ゴシゴシ洗いは要注意(C)日刊ゲンダイ

 薬は過不足なく使用することで健康を維持することができ、さらには医療費の節約にもなります。

 以前、ため込みやすい薬のひとつとして取り上げた「塗り薬」について、皮膚を健康に保ちつつ、医療費を節約できる方法を紹介します。

 われわれは、加齢に伴って皮膚のトラブルを抱えることが多くなります。かゆみ、炎症、感染、時には外傷や紫斑(内出血)などもあるかもしれません。塗り薬は、これらを治療するために使われます。トラブルがなければ薬を使う必要はないわけですから、節約するには予防が大切です。

■ゴシゴシ洗いは要注意

 加齢に伴って、トラブルが起きやすくなる原因として、「皮膚そのものの老化」が挙げられます。

 皮膚は水分と油分(脂分)のバランスによって弾力が保たれ、バリアー機能が維持されています。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。