Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

渡瀬恒彦さんのケース<上> がんなら家族が満足する介護できる

渡瀬恒彦さんは享年72(C)日刊ゲンダイ

 壮絶な最期だった――そんなふうに語られているのが、胆嚢がんによる多臓器不全で亡くなった俳優・渡瀬恒彦さんです。享年72。ファンとしてはショックですが、所属事務所が「幸せな俳優人生を全うできましたことを心より感謝申し上げます」とコメントしているように、本人は幸せだったのではないでしょうか。

 なぜ幸せと思えるかというと、15年秋の診断以来、抗がん剤と放射線治療で入退院を繰り返しながらも、仕事を大切にして、治療の合間を縫って現場に復帰されていたこと。4月スタートのドラマに合わせ、2月まで撮影に臨み、2月中旬からの入院後も撮影スタッフは渡瀬さんの復帰を待っていたといいます。亡くなる直前まで大好きな現場にいられたのです。

 その後、気胸や敗血症を併発。今月14日に息を引き取ります。亡くなる前日は、「やせた様子もなく、容体は安定していた」と報じられているので、その後に急変したようです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。