クスリと正しく付き合う

座薬を「座って飲む薬」だと勘違いする患者さんもいる

「多めの水」はどれくらい?/(C)日刊ゲンダイ

 薬を適正に使用することに関して、患者さんの常識と医療者の常識がズレていると感じることもあります。薬の適正使用を推進するためには、医療者(特に薬剤師)は患者さんにきちんと理解してもらえるだけの説明をして、理解してもらったことを確認すべきです。欲を言えば、薬の効果も確認すべきです。医療者と患者さんの認識のズレを確認・補正せず、「適正に使ってください」というのはむちゃな話です。

 薬の飲み方について認識がズレていた例をあげましょう。消化管や腎臓にダメージを与えやすい薬が処方された時などに、ダメージを減らす目的で「多めの水で飲んでください」と言われた経験がある患者さんもいるのではないでしょうか。ただ、「多めの水」がどれくらいの量なのかわからない人がほとんどでしょう。医療者の常識では「コップ1杯(約180㏄)」ですが、多めと言われて、ペットボトル1本(500㏄)分の水で薬を飲んでいたという患者さんがいらっしゃいました。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。