天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

頻尿の陰に心臓疾患が隠れているケースがある

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 年をとってから、夜間に尿意をもよおしてトイレに起きる回数が増えたという人もいるでしょう。こうした「頻尿」は、じつは心臓と大きな関係があります。

 一般的には、朝起きてから就寝までの間に8回以上の排尿回数がある場合を「頻尿」と言います。就寝後に排尿のために1回以上(50歳以上は2回以上)起きなければならず、生活に不便を感じるケースは「夜間頻尿」と呼ばれます。

 高齢になると、抗利尿ホルモンが減少したり、尿を濃くする腎臓の力が低下するため、排尿回数は増えていきます。しかし、極端に回数が増えてきた場合、中には病気によって引き起こされているケースがあります。

 その多くは過活動膀胱によるものです。膀胱に尿がそれほどたまっていないのに、脳からの指令を待たずに強い尿意を感じる病気です。

 また、前立腺肥大によって頻尿が起こっているケースも多く見られます。加齢とともに前立腺が肥大化し、尿道や膀胱が圧迫されて尿意をもよおすのです。前立腺肥大症は年齢とともに有病率が高くなり、50歳の30%、60歳の60%が該当するといわれています。この前立腺肥大症が、心臓疾患とリンクするケースがあるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。