Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

20万人が働き盛りでがんを発症 子供への告知はどうする

2人の子供の生活のために公表した(C)日刊ゲンダイ

 がんは、細胞の老化という一面があります。そこに晩婚化が重なり、子育て世代のがん患者が増加。新規発症者のうち毎年20万人は働き盛りで、18歳未満の子供を持つ人は6万人近い。そこで、問題が生じます。子供への告知です。

 昨年、小林麻央さん(34)の乳がんを公表した市川海老蔵さん(39)は、こう語っていました。公表の決め手は「できる限り、子供の生活を日常化するため」と。病気を隠すことで、2人の子供が大変な思いをしていたことがうかがえます。

 3歳の息子には、「(入院中のママは)ちょっと元気なくて、病院で元気になるようにやってるから待っててね」と説明したといいます。5歳の娘は、母の病気を少し理解していたそうです。

 子供が小さいと、告知をためらうかもしれませんが、がんと診断されたらなるべく早いうちにきちんと伝えるのが基本。「きちんと」とは、子供の年齢に合わせて分かる言葉で、という意味。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。