がんと向き合い生きていく

急性骨髄性白血病 65歳未満の若年者5割が治癒する

都立駒込病院名誉院長・佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 高熱と歯肉からの出血を繰り返していた会社員のYさん(35歳・男性)を近医から紹介されました。採血の結果、白血球数の増加、高度の貧血、血小板減少があり、白血球は白血病細胞で占められ、「急性骨髄性白血病」の診断でそのまま入院となりました。

 Yさんは白血病の病名を告げられ、死の恐怖に襲われました。しかし、主治医の「完治を目指して頑張ろう。私たちも一緒に頑張ります」との言葉を信じ、赤血球、血小板輸血を受けながら、清潔な空気の部屋で、大量の抗がん剤治療を受けることになりました(寛解導入療法)。

 強い口内炎と発熱を繰り返したものの、約1カ月後に「完全寛解(骨髄中白血病細胞5%以下)」となりました。まさに“いのち”の生還です。Yさんは、人生でこんな喜びは他になかったといいます。

 その後、「地固め治療」(白血病細胞を一定数まで減らしてから、再発を防ぐために投薬を継続する治療)、「維持治療」(完全寛解を維持するために、さらに抗がん剤を投薬する治療)と抗がん剤治療は続きましたが、その合間、合間には自宅に帰ることもできました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。