愉快な“病人”たち

アレルギー発症でどん底 岡村咲さん支えたゴルフへの情熱

プロゴルファーの岡村咲さん(C)日刊ゲンダイ

 そこから毎日、何をどれだけ食べてどんな症状が出たかをつぶさにノートに書き留める作業を始めました。半年続けたらだんだんわかってきて、去年の夏ぐらいからは卵と乳製品は少しずつ取り入れています。パンや麺は米粉のものを利用し、最近はパンメーカーを買って米粉で作ったりもしています。発酵調味料も少量ずつあえて取るようにして、食事はずいぶん改善されました。

 そんな中、次に来たのが「日光アレルギー」です。去年の5月、半袖でプレーをしていたらひどい頭痛になり、1週間寝込みました。その後、グローブをしない右手だけがひどく荒れたので皮膚科を受診すると、日光アレルギーという診断。おまけに膠原病にもなりかけていると言われ、「自己免疫疾患コンプリートしちゃったな」と思いました(笑い)。

 でも深刻にならず、「何とかコントロールする方法はあるはず」と模索中です。夫も明るいスポーツマンなので何でも笑い飛ばしてくれるので前向きになれます。私の影響で市販の物を避けるようになってしまい、食事は多少面倒くさくなりましたけど(笑い)。

4 / 5 ページ

関連記事