明細書が語る日本の医療

胃がん手術の多い病院 年間100件以上の病院は少ない

がん研究会有明病院(C)日刊ゲンダイ

 NDBオープンデータには、都道府県レベルでの手術件数までは載っていますが、病院ごとの数字はありません。ただし、病院はレセプトをもとに手術件数等を国に報告する義務があります。

 その情報がDPC公開データとして、インターネットで提供されています。今回はこちらのデータを使って、胃がんの手術件数の多い病院を表にまとめました。

 DPCでは、胃がん手術は「内視鏡」「部分切除」「全摘」という分け方になっています。全国平均では部分切除の45.6%、全摘の19.5%が腹腔鏡、残りが開腹で行われています。

 個別の病院に関する数字はオープンになっていません。

 がん研究会有明病院と国立がん研究センター病院の2つが、すべてのカテゴリーでトップ3に入っています。

 内視鏡手術では静岡がんセンターがトップ。全摘術で第3位、部分切除でも第6位に入っており、これら3病院が日本の胃がん手術をリードしていることが分かります。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。