明細書が語る日本の医療

前立腺がん手術は住んでいる場所で手術法が決まっている?

前立腺がん手術の多い県・少ない県(C)日刊ゲンダイ

 2014年度に全国で行われた前立腺がん手術は2万254件。内訳は開腹1万6874件、腹腔鏡2355件、ミニマム1025件でした。

 開腹手術の件数は東京都がトップ(2173件)。以下、大阪府(1144件)、神奈川県(1125件)、愛知県(1022件)と順当な結果になっています。しかし、最下位の富山県は4件、同2位タイの佐賀県・福井県は58件など、人口比から見ると、かなり少なめな数字です。

 とくに差が大きいのが腹腔鏡手術。意外にも広島県(279件)がトップ、次いで大阪府(238件)、東京都(215件)の順になっています。しかし、北海道、長野県など15道県では、腹腔鏡手術は行われていません。また、ミニマム手術のトップは愛知県(186件)、次いで栃木県(161件)、東京都(130件)の順。栃木県は腹腔鏡手術がゼロですが、ミニマム手術には積極的です。こちらは38府県がゼロ件でした。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。