?に答えます

腹式呼吸は体に良いのか

体に酸素をたくさん取り入れる(C)AP

 ヨガや気功などに用いられる「腹式呼吸」は本当に体に良いの? 池袋大谷クリニック(東京都豊島区)の大谷義夫先生に聞きました。

「腹式呼吸は呼吸が深くなりやすく、酸素を効率的に取り入れるために有効です。体に酸素をたくさん取り入れると、良い効果がいろいろあります」

 人は睡眠中に自然と腹式呼吸をしていますが、起きている時はたいてい胸式呼吸になっているといいます。

 それでも胸を広げた良い姿勢なら深い呼吸になりますが、現代人の多くは肺が潰れるような猫背の姿勢をしているので、浅い呼吸になりがち。それは、常に“軽い酸欠状態”にあることを意味するのだそうです。

「酸素が欠乏していると、ブドウ糖や脂肪が代謝しづらく、疲れやすく痩せづらい体になってしまいます。血行不良にもなり、冷え性や肩こりも起こりやすくなります」

1 / 2 ページ