数字が語る医療の真実

脳卒中とコレステロール 高い方がいい? 低い方がいい?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 日本食が西洋化する以前の、卵や牛乳、獣の肉を食べない、コレステロールの少ない食事では脳出血が多かったのですが、西洋化した現代ではどうなのでしょう。

 これについても、2009年に茨城の住民を対象にした研究で、脳出血とコレステロールの関係を検討した論文が報告されています。それによれば、洋食が普及した現代においても、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が80mg/dl未満の人の脳出血のリスクを1とした時に、140mg/dlの人で0.45と、悪玉コレステロールが高い人で50%以上も脳出血の危険が低かったのです。

■事実はあいまいなところにある

 海外においても、コレステロールを低下させるスタチンという薬を用いて脳卒中に対する効果を検討したところ、スタチンを飲んだグループで1.68倍も脳出血が多かったという結果が2008年に報告されています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。