数字が語る医療の真実

脳卒中とコレステロール 高い方がいい? 低い方がいい?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 現代においても、海外においても、「低コレステロールに脳出血が多い」という関係は一貫しています。ここに疑いをはさむ余地はなさそうです。そうなると「コレステロールの治療はすべきでない」と早合点されるかもしれませんが、間違いです。

 コレステロールを下げることにより、血管が詰まる脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があることもまた明らかなのです。その2つのバランスを考えてどうするか決める必要があるのです。

「低コレステロールこそ危険」「いや高いほうこそ危険」という論争がありますが、どちらも間違っています。事実はその間のあいまいなところにあるのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。