明細書が語る日本の医療

乳がんの「部分切除」の割合 沖縄県は三重県の2倍

部分切除の割合が高い県・低い県(C)日刊ゲンダイ

 乳がん手術の都道府県格差について見ていきましょう。

 まず件数ですが、2014年度に全国で行われた乳がん手術は、各種合わせて8万2088件。トップは東京都の1万1818件で、全体の14.4%を占めていました。あくまでも東京都の病院で行われた手術件数であって、都民が受けた件数ではありません。

 東京都の女性人口は全国の10%に過ぎませんし、若い人が多いので、都民の手術件数はもっとずっと少ないはず。東京には全国から患者が集まってくるため、手術数も多いということなのです。

 以下、大阪府(5682件)、神奈川県(5414件)、愛知県(5388件)と続いています。少ないほうは高知県(324件)、鳥取県(332件)、島根県(370件)の順です。

 これらの県の女性人口は東京都の20分の1前後に過ぎませんが、手術件数には35倍前後もの違いがあります。つまり、かなりの患者が他県に流出しているわけです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。