数字が語る医療の真実

日本人の脳卒中 患者数は大幅減でもなぜ脳出血が多いのか

突然の激痛が発生したら、すぐに病院へ(C)日刊ゲンダイ

 脳卒中と言ってもいろいろあります。大ざっぱに分ければ、血管から出血する「脳出血」と、血管が詰まる「脳梗塞」の2つがあります。日本人の脳卒中は、ここ数十年で大幅に減少したとはいえ、いまだ脳出血が多いという特徴があります。

 欧米のデータでは、脳出血は脳卒中全体の数%という報告が大部分ですが、日本の脳卒中データバンクの報告では14%となっています。欧米では無視できるような脳出血が日本では大きな問題になるかもしれないのです。

 たとえばコレステロールをスタチンという薬で下げることにより、血管が詰まる脳梗塞は20%程度予防できることが示されています。100人の脳卒中が起きる集団に対して、コレステロールを治療したときにどういう結果になるか日本人の割合で計算してみると、86人が脳梗塞、14人が脳出血です。脳梗塞の予防効果は20%ですから、86人から70人くらいに減ることになります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。