明細書が語る日本の医療

大腸がんの内視鏡手術 適応は悪性ポリープと上皮内がん

男性の上皮内がん患者と内視鏡手術件数(左)/(C)日刊ゲンダイ

 大腸は長い臓器です。そのため部位によって手術のやり方も違ってきます。ただ、手技としては大きく「内視鏡」「腹腔鏡」「開腹」の3種類で、とくに内視鏡手術はどの部位でも基本的に同じです。今回は内視鏡手術について見ていきましょう。

 悪性ポリープと上皮内がんが適応になります。方法として「ポリペクトミー(ポリペク:内視鏡的ポリープ切除術)」「EMR(内視鏡的粘膜切除術)」「ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)」の3種類が確立されています。

■手法の違いは?

 ポリペクはキノコ状のポリープに有効。細いワイヤの輪を内視鏡先端から出し、ポリープの茎にひっかけ、電流を通して焼き切ります。しかし茎のない平たいものや、粘膜上皮の中に埋もれているがんは、この方法では取れません。そこで内視鏡の先端から注射針を出して、がんよりも内側に生理的食塩水を注入し、がんを表面に押し上げるのです。あとはワイヤをかけて電気的に焼き切るだけ。これがEMRです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。