Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

がん治療にもリハビリが欠かせない理由

なるべく体を動かす(C)日刊ゲンダイ

 ケガや脳卒中などで体の機能が障害されたときは、リハビリが欠かせません。実は、がんと向き合う上でも、リハビリが大切です。

 がんで入院中のリハビリは、2010年に保険適用となり、全国約400のがん診療拠点病院のうち8割で行われています。問題は退院後で、外来リハビリには保険が適用されず、やるかやらないかは病院次第なのが実情。外来リハビリは、がん拠点病院のうち4分の1程度でしか行われていません。

 がんになると、痛みやだるさなどさまざまな不調に悩まされます。治療に伴う後遺症や合併症も少なくありません。そんな不調は退院後も続くことがあるため、その改善にリハビリが欠かせないのです。

 たとえば、食道がんで胸を開いて食道を切除すると、肺活量は手術前の60%、運動能力は80%に低下。食べ物をのみ下す嚥下機能も悪化して食事が不自由になり、体重も減りやすい。それらの機能の回復に必要なのがリハビリです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。