数字が語る医療の真実

寿命とコレステロール 高コレステロールが寿命を延ばしている可能性も

適度に取ることが大事(C)日刊ゲンダイ

 コレステロールが高いことで、心筋梗塞や脳梗塞が増えることばかり強調されますが、脳出血が減り、がんが減るかもしれず、むしろ寿命が延びるかもしれないことは、もっと世の中に知らされていいことではないでしょうか。

 寿命の点から見ても、コレステロールを取らないほうが問題で、適度に取ることが必要なのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。