医者も知らない医学の新常識

インフルエンザは息を吐くだけで分かる?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 これが本当であれば、息をセンサーに吐くだけですから、痛みもなく診断が可能になります。ただ、今のところ風邪自体の診断は可能でも、それがインフルエンザかどうかを、正確に判断するのは難しいようです。こうした科学の進歩は早いですから、数年後には、痛いインフルエンザの検査はなくなるかも知れません。

2 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。