がんと向き合い生きていく

早期ではほとんど症状が表れない 食道がんの知識と生存率

都立駒込病院名誉院長・佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 某社営業部長のSさん(56歳)は、1日にたばこ40本、酒は毎晩の付き合いでビールに始まり、ウイスキー、日本酒と続き、深夜0時すぎの帰宅は当たり前。そんな生活がもう20年以上続いているとのことでした。夜になると昼の穏やかさとは違って豪快になり、「自分は肺がんで死ぬんだ」とよく口にしていたそうです。

 ある年、春に行われた会社の健康診断では、胸部エックス線写真には問題なく、肝機能異常を指摘されました。しかし、毎年のことで酒が原因だろうと考え、その後は診察を受けませんでした。ただ、秋になって、「声がかすれる」「食事がつっかえる」といった症状を訴えて来院されたのです。

 体重は10キロ減り、流動物しか食べられなくなっていましたが、たばこと酒はやめられないようでした。むしろ「酒でカロリーを取っていた」と話されます。

 そんなSさんを診察した際、左頚部に3センチ大のリンパ節が触れました。私はその硬さ、形から、すぐにがんの転移であることを確信しました。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。