愉快な“病人”たち

3年前に脳出血 ビリー・バンバン菅原孝「毎日がリハビリ」

今も精力的に活動を続ける菅原孝さん(右)と弟の進さん(C)日刊ゲンダイ

 朝、トイレでボーッとしているとき、突然、前のめりに倒れたんです。痛みはなかったのですが、手にも足にもまったく力が入らない。自分の体に何が起こったのかが分からないまま、ただ床に転がっていることしかできませんでした。3年前の7月の話です。

 高血圧が原因の脳出血だったわけですが、救急車で搬送され、集中治療室に入り、血流を改善する薬の点滴治療を受けました。

 治療を受けている最中、不安な気持ちのまま「どうして?」という思いにかられました。それまで人一倍、体を気遣って、1日90分のジョギングや腹筋を欠かさずに実践していたんです。食事にも気を付けていたし、年に1度の人間ドックも続けていました。こういうと「健康オタク」ととられるかもしれませんが、そういうことではなく、運動が好き、食事にこだわるのが好きという性分で、自然とそうなっていたんです。実際、この病気になるまでは、健康保険証を使ったことがなかったですしね。

1 / 5 ページ

関連記事