天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

人工心肺を使わなければならない「2つのケース」

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓と肺の“代役”として、体外で血液を循環させる「人工心肺」は、心臓を止めて行う手術に欠かせない機械です。ただ、赤血球の寿命が短くなったり、免疫反応が変化して合併症を招くリスクがあるなどのデメリットもあるため、人工心肺を使わなくて済むなら、使わないに越したことはありません。

 ただ、どうしても人工心肺を使わなければならないケースはたくさんあります。人工心肺を使うか使わないかは、患者さんの心臓や血管の状態によって判断します。使用しなければならないケースは大きく2つあります。1つは、心臓の中から血液を排出して空にする必要がある場合。もう1つは、衰えた心臓を術中に補助して、全身の臓器を保護しなければならない場合です。

 1つ目のケースは、心臓の中にある弁を交換・形成したり、心臓内の筋肉を処置する手術が該当します。心臓の中は常に血液で充満しています。そのため、心臓の中の血液を排出して、いったん空っぽにしなければ患部の構造が見えないので、メスを入れることができません。どうしても人工心肺が必要になるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。