明細書が語る日本の医療

膵臓がん手術のピークは70代 その後に減少する理由は…

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 男女の年齢別手術件数と新規患者数・死亡数を〈表〉にまとめました。他のがんと同様、若年者が膵臓がんにかかる可能性はかなり低く、とくに20代・30代では、まれなケースと言っていいでしょう。会社の同僚や高校・大学の同窓生で、40代までに膵臓がんにかかったという話はほとんど耳にしたことがないはずです。また、死亡数も限られています。

 患者数が増えてくるのは50代に入ってから。といっても、50代の男性10万人当たり23人、同じく女性10万人当たり13人程度です。膵臓がんを心配して40代、50代で健診を受ける人が大勢います。とくに膵臓がんの腫瘍マーカーは、血液検査で簡単に測定できることから、健診のオプションに組み込んでいる会社もあります。しかしこうした数字を見る限り、あまり神経質に考える必要はなさそうです。

 本格的な膵臓がん年齢は60歳を越えてから。男性のピークは70代で、2012年において約6000人の新規患者が出ています。一方、女性のピークは80代以上になっています。新規患者の実に4割以上がこの年齢での発症です。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。