明細書が語る日本の医療

肝臓がんの年齢調整死亡率 今世紀に入り男女とも3分の1に

肝臓がんの新規患者数などの表(C)日刊ゲンダイ

 肝臓がんは新規患者数、死亡数ともに現在5位につけています。他の臓器がんとは異なり、患者数は実数でほぼ横ばい、高齢化の影響を除いた年齢調整罹患率は減少しています。また、死亡数は実数で減少、年齢調整死亡率は激減中です。表に数字をまとめました。

 2012年の新規患者数は、男性約2万9000人、女性約1万5000人で、男女比は2対1です。肝臓がんは数種類に分類されますが、ほとんどが「肝細胞がん」。これは慢性肝炎、とりわけウイルス性肝炎によって引き起こされるもので、原因の60~70%がC型肝炎、15~20%がB型肝炎、残りがアルコール性肝炎などとなっています。

■感染対策の勝利 治療法の発達も寄与

 日本人のB型・C型肝炎の最大の感染源は、子供の予防接種における注射器の使い回しです。筆者も小学生時代に何度も経験しましたが、1本の注射器を4~5人に刺していたと記憶しています。当時、「1人目は痛いが、後になるほど針が滑らかになり痛みが弱まる」と言われていたのを覚えています。また、出生時に母子感染することもあります。近年は薬物中毒者による注射器の使い回しで感染するケースが多く、両方の肝炎とHIV(エイズウイルス)の3つに同時感染している人もいます。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。