明細書が語る日本の医療

肝臓がんの手術件数 トップは負担が少ないラジオ波焼灼法

数カ月で再生可能な部分切除は技術力が必要(C)日刊ゲンダイ

 肝臓がんの手術は、大まかに4種類あります。開腹による切除、腹腔鏡による切除のほか、「マイクロ波凝固法」と「ラジオ波焼灼法」が用意されています。

 2014年度の件数を〈表〉にまとめました。もっとも数が多いのはラジオ波焼灼法。がんの中に直径1.5ミリの電極を差し込み、先端から周波数450キロヘルツの電流を流して、がんを焼き固めるのです。体への負担が少なく切るよりも簡単なため、がんの大きさなどの条件が合えば、こちらが第1選択になります。マイクロ波凝固法はラジオ波の代わりにマイクロ波(電子レンジと同じ)を使うのですが、まだあまり普及していません。

 2番目に多いのが開腹手術による肝切除。肝臓はなくてはならない臓器なので、当然部分切除になります。肝臓には再生能力があるので、半分以上切り取っても数カ月で元のサイズに戻ります。しかし血管が多く出血しやすいため、切除には高度な技量が求められます。視野が限られる腹腔鏡手術は難易度が高く、開腹手術と比べてかなり少なめです。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。