Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

非喫煙の中村獅童さん公表 肺腺がんはX線で見つけやすい

初期の肺腺がんと公表(C)日刊ゲンダイ

「たばこを吸わない人でも、肺がんになるのか」

 早期の肺がんを公表した歌舞伎役者の中村獅童さん(44)について、そんな声が上がっているようです。芸能関係者によれば、中村さんはたばこを吸わないとのこと。一般の方には、肺がんはたばことの結び付きが強い印象があることから、冒頭のような疑問が浮かぶのでしょう。

 中村さんの肺がんは、日本の肺がん事情を象徴していますから、詳しく解説します。肺がんは、大きく「小細胞肺がん」と「非小細胞肺がん」に分けられます。中村さんのタイプは、非小細胞肺がんで、その中に含まれる肺腺がんです。肺腺がんは今や、肺がん全体の5~6割を占めます。最も多いタイプで、喫煙との関係が薄いのです。

「奇跡的といわれるほどの早期発見で、すぐに手術をすれば完治できる」

 主治医にされた、この説明も象徴的です。肺腺がんは、肺の奥にできやすくたばこの影響を受けにくいのですが、一方で胸のX線検査で発見しやすいのも特徴。中村さんは人間ドックを「毎年、定期的に受けている」ことが、不幸中の幸いになりました。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。