Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

非喫煙の中村獅童さん公表 肺腺がんはX線で見つけやすい

初期の肺腺がんと公表(C)日刊ゲンダイ

 胃がん、大腸がん、乳がん、子宮がんなどでも同じことがいえます。5大がんすべてで、検診で見つかる方が長生きできるのは明らかなのです。ところが、がん検診の受診率は3~4割。中村さんのラッキーを人ごとのように思わず、ぜひ検診を受けること。その心がけが、皆さんの健康を守るのです。

3 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。